生まれ年のワインをプレゼント

ヴィンテージワインというのは、一般的に熟成されたワインの意味で使われることが多いようです。

10年以上の熟成されたワインは、オールドヴィンテージと言われます。

こういった言葉を聞いたことがある人は多いのではと思います。

誕生日プレゼントや何かの記念日に、ヴィンテージワインを贈るという人がいます。

贈る相手がワイン好きなら、喜ばれるのは間違いありません。

喜ばれるのは、相手の生まれ年のワインです。

わざわざ探してくれたという行動がうれしいものです。

生まれ年のワインを扱うお店は、インターネットでも探すことができます。

いくつかそういうお店はあるので、目的の年代のワインが、あるお店では無くても、別のお店では見つかることがあるので、諦めずに探してみましょう。

年代のヴィンテージワインは、同じ年数を経過しているものでも値段がいろいろです。

例えば50年前のワインでも、1~2万円前後のものから、何十万円するものまであります。

プレゼントする場合は、予算に合わせたものを贈れば良いかと思います。

高いから絶対おいしいというわけでもないようです。

もちろん、好みによりますが・・・。

プレゼントにするなら、それ用の包装をしてくれるところもあります。

インターネット通販でも、こういった希望をきいてくれるところがほとんどなのでかなり便利になりました。

何かプレゼントを考えているなら、生まれ年のヴィンテージワインを検討してみてはいかがでしょうか。

■関連サイト》ヴィンテージワインスペシャルサポート